2015年02月25日

入間市 築18年28坪 住宅の状態と屋根補修 「リフォーム にゃんぷ〜さん」Theリフォーム

埼玉県 入間市 築18年 28坪の住宅です。

当社で以前に塗替え工事を行ったお客様からのご紹介です。

入間市 築18年28坪:塗替え工事前

築年数も経過されていて、各箇所に劣化が見られます。
クラック防止のために外壁塗装は「弾性6回厚塗り塗装」を行います。

屋根へは太陽光の反射効果のある「遮熱塗装」を行います。

入間市 築18年28坪:腐食している貫板

まずは「屋 根 の 補 修」をご紹介します。
高圧洗浄を行って汚れを洗い流します。

屋根頭頂部の" 棟 "部分の補修です。
傾斜する屋根材同士が交わる箇所です。

頭頂部の"棟包み(棟板金)"を取り外します。
すると雨水の浸入により内部の木材が腐食しています。
これは"貫 板"という部分です。

入間市 築18年28坪:貫板を新しい材料へ交換

このまま放置すれば"雨漏りの原因"に繋がります。

腐食した貫板を取り外します。
そこへ設置箇所に合わせて加工した材料を取り付けます。

釘で確実に下地へ固定します。

次回は"棟包み"を取り付けて補修する様子を紹介します。


外壁塗装やサイディング塗替え,修理は

「リフォーム にゃんぷ〜さん」



posted by MOD軍曹 at 11:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | リフォーム入間市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

滑川町 築10年-外壁塗装弾性厚塗り6回-「リフォーム にゃんぷ〜さん」Theリフォーム

埼玉県 滑川町 築10年の住宅です。
屋根遮熱塗装、ベランダ防水塗装等が完了して、
いよいよ「外 壁 塗 装」を行います。

滑川町 地区10年:下塗り ウルトラシーラーV

事前に外壁の"リシン吹き付け"を剥がしています。
骨材露出も起きている劣化の状態でした。

塗装前には高圧洗浄により、外壁の汚れを洗い流しています。

下塗りで「ウルトラシーラーV」を1回塗ります。

下地への上塗り塗料の定着を良くする"繋ぎ効果"のある下地材です。

滑川町 地区10年:中塗り 微弾性フィラー

次に中塗りで「微弾性フィラー」を1回塗ります。

下地の"凹凸を整える効果"と、
"繋ぎ効果"を併せ持つ下地材です。

この時に"専用(砂骨)ローラー"を使用して、
"パターン付け"を行っています。

外壁に"パターン(模様柄)"のある仕上がりにする処理です。

滑川町 地区10年:上塗り DANシリコンセラ

上塗りで「DANシリコンセラ」を1回塗ります。

耐久性のあるシリコン系塗料で、
汚れの付着を抑制する特殊セラミック配合の塗料です。

やはり"パターン付け"を行っています。

滑川町 地区10年:仕上げ フラット仕上げ

仕上げに「フラット仕上げ」を3回行います。

フラット仕上げ(艶消し処理)により、
外壁の艶を抑えて"落ち着きのある仕上がり"になります。

塗装には"艶消し仕様"の「DANシリコンセラ」を使用しています。

計6回塗りでの塗装でした。

滑川町 地区10年:塗替え工事後

今回の塗り替え工事は以上です。

工事内容の詳細は以下の通りです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−< 施 工 内 容 >−−
[ 外 壁 塗 装 ]
6 回 塗 り
・架設足場を設置する・
・リシン吹き付け除去のためケレンを行う・
・高圧洗浄を行う・
下    塗    り
日本ペイント製 水性高分子下塗材:ウルトラシーラーV
1 回
中    塗    り
日本ペイント製 可撓型改修用仕上げ塗材:アンダーフィラー弾性エクセル(微弾性フィラー)
専用ローラーでパターン付け(模様付け)を行っています
1 回
上    塗    り
日本ペイント製 セラミック変性シリコン塗料:DANシリコンセラ
専用ローラーでパターン付け(模様付け)を行っています
1 回
仕    上    げ
フラット塗り(艶消し塗装)を行う
3 回

[ 屋 根 遮 熱 塗 装 ]
3 回 塗 り
・高圧洗浄を行う・
・屋根材のクラック(亀裂)をシーリング材で補修する・
・棟包みを固定する釘の締め付けを行う・
・棟包みに錆止め塗装を行う・
錆止めには
日本ペイント製 2液型エポキシ錆止め塗料:ハイポンファインプライマーU
を使用しています
・棟包みを固定する釘にシーリング処理を行う・
下    塗    り
日本ペイント製 1液形ターペン可溶特殊アクリル樹脂下塗材:1液ベストシーラー
1 回
上    塗    り
ロックペイント製 高日射反射率塗料:シャネツロック
2 回
・屋根材同士の隙間に縁切りを行う・

[ ベ ラ ン ダ 床 へ の 防 水 塗 装 ]
3 回 塗 り
・高圧洗浄を行う・
・剥がれの見られる防水を剥離する・
下    塗    り
東日本塗料製 1液ウレタン溶剤系プライマー:フローンプライマーUS
1 回
中    塗    り
東日本塗料製 カラーウレタン塗膜防水材:フローン#12
1 回
上    塗    り
東日本塗料製 アクリルウレタン塗膜防水材保護仕上げ材:弾性トップ14
1 回

[ そ の 他 部 分 の 塗 装 ]
・破風板、軒天、霧除け、帯、化粧板、縁台等・
塗装には主に
日本ペイント製 2液型ウレタン系塗料:ファインウレタンU100
を使用しています

[ 外  部  修  理 ]
・外壁のリシン吹き付けへのケレン
・屋根材棟包みの補修・
・破風板、帯部分のシーリング再処理・
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今回の[工事費総額:810,000円]でした。
外壁塗装で使用した塗料(一斗缶)
・下塗り ウルトラシーラーV:   2缶
・中塗り 微弾性フィラー:    13缶
・上塗り,仕上げ DANシリコンセラ:14缶
合計29缶使用の弾性厚塗り塗装です。

埼玉県 滑川町の塗り替え工事でした。


外壁塗装やサイディング塗替え,修理は

「リフォーム にゃんぷ〜さん」





posted by MOD軍曹 at 21:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | リフォーム滑川町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

滑川町 築10年-防水塗装と付帯塗装-「リフォーム にゃんぷ〜さん」Theリフォーム

埼玉県 滑川町 築10年の住宅です。

屋根の補修と遮熱塗装まで終わりました。
外壁塗装を行う前に、付帯塗装として
「ベランダ床防水塗装 と その他部分の塗装」
を紹介します。

滑川町 築10年:ベランダ床防水塗装

ベランダの床には「ウレタン防水塗装」を施します。

まず、高圧洗浄で汚れを洗い流します。
洗浄により劣化の程度も確認できる様になります。

元々、施されていた防水が劣化で"塗 膜 剥 離"の状態です。
全て剥がしてから塗装を行います。

下塗りで「フローンプライマーU2」を1回塗ります。
下地と上塗り塗料の"繋ぎ効果"のある下地材です。

中塗りで「フローン#12」を1回塗ります。
防水効果を発揮するメインの"ウレタン塗膜防水材"です。

上塗りで「弾性トップ14」を1回塗ります。
防水材を保護して効果を高める保護材トップコートです。

計3回塗りで防水塗装が完了です。

滑川町 築10年:破風板シーリング

「破風板の補修」です。

破風板部分にはサイディングが使用されています。
そのためサイディングボード同士の継ぎ目に施された、
シーリングが劣化しています。

紫外線により"変 質"して"硬 化"しているため、
防水効果を発揮できない状態です。

劣化したシーリングを除去して、
新たにシーリング材を充填します。
その後には塗装を施します。

滑川町 築10年:化粧板塗装

「外壁化粧板部分の塗装」です。

アクセントをつけるために外壁とは別色で塗装します。
先程の破風板、化粧板共に塗装には
「ファインウレタンU100」を使用しています。

滑川町 築10年:縁台塗装

こちらは縁台を塗装している様子です。

その他、軒天、霧除け等も塗装を行っています。
塗装には「ファインウレタンU100」を使用しています。

次回は「外 壁 塗 装」を行って
塗替え工事が完了となります。


外壁塗装やサイディング塗替え,修理は

「リフォーム にゃんぷ〜さん」



posted by MOD軍曹 at 16:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | リフォーム滑川町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

滑川町 築10年-屋根遮熱塗装-「リフォーム にゃんぷ〜さん」Theリフォーム

埼玉県 滑川町 築10年の住宅です。

前回は「屋根の補修」を紹介しました。
補修が終わり、「屋 根 塗 装」へ移ります。

滑川町 築10年:屋根下塗り 1液ベストシーラー

今回は「遮 熱 塗 装」を行います。

まず下塗りで「1液ベストシーラー」を1回塗ります。
下地へ上塗り塗料の定着を良くする
"繋ぎ効果"のある下地材です。

滑川町 築10年:屋根上塗り シャネツロック

上塗りで「シャネツロック」を2回塗ります。
遮熱効果を発揮する屋根用塗料です。

「遮 熱 塗 装」
は太陽光の主に熱源である"近赤外線"を効率良く反射します。
そのため屋根自体の温度上昇を抑え、室温上昇抑制に繋がります。

夏場の室温上昇を抑制して冷房の使用を抑えられます。
屋根表面温度約10℃、室内温度約2℃前後抑える効果があります。

経済的で地球にも優しい塗装です。

計3回塗りでの塗装でした。

滑川町 築10年:屋根への縁切り

今回のコロニアルスレート屋根には塗装後に
「縁 切 り」を行わなければなりません。

屋根材同士の隙間に塗装した塗料が入り込み塞ぎます。
その塗料が"毛細管現象"により雨水を吸い上げます。

吸い上げた雨水が屋根内部へ入り込み
"雨 漏 り"を起こす原因となります。

塗装後には必ず行わなければならない工程です。

これで屋根の遮熱塗装は完了です。

次回は「ベランダ防水塗装とその他部分の塗装」を紹介します。


外壁塗装やサイディング塗替え,修理は

「リフォーム にゃんぷ〜さん」



posted by MOD軍曹 at 16:05| 埼玉 ☔| Comment(0) | リフォーム滑川町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

滑川町 築10年 -屋根の補修- 「リフォーム にゃんぷ〜さん」Theリフォーム

埼玉県 滑川町 築10年の住宅です。
前回は塗り替え前の住宅の状態をご覧頂きました。

今回は屋根塗装前の「屋 根 の 補 修」を紹介します。

滑川町 築10年:劣化した屋根の状態

まずは高圧洗浄を行って屋根の汚れを洗い流します。
洗浄により屋根の劣化状態も確認できる様になります。

塗替え時期の経過で屋根材自体にも傷みが見られます。
画像の様に"クラック(亀裂)"が発生している箇所もあります。
クラックの隙間から雨水浸入による
"雨 漏 り"を起こす可能性もあります。

クラックはシーリング材により補修を行います。

滑川町 築10年:棟板金の締め付け

屋根頭頂部の"棟 板 金"の補修です。
屋根同士が交差する部分の" 棟 "を保護する
金属製のカバーです。

劣化により棟板金を固定している" 釘 "が
緩み又は破損しています。

緩みは締め付けて、破損箇所は新たに締め直します。

滑川町 築10年:棟板金への錆止め塗装

金属製のカバーなので、腐食防止の為に
「錆 止 め 塗 装」を施します。

塗装には「ハイポンファインプライマーU」を使用しています。

滑川町 築10年:棟板金釘部へのシーリング

先ほど固定のために締め付けた"釘 部"ですが、
隙間から雨水浸入による"雨 漏 り"を起こす可能性があります。

釘部へシーリング材を塗布して処理を行います。

以上で屋根の補修は完了です。
次回は補修後の「屋 根 の 塗 装」を紹介します。


外壁塗装やサイディング塗替え,修理は

「リフォーム にゃんぷ〜さん」




posted by MOD軍曹 at 23:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | リフォーム滑川町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。